知っとく情報債務整理のあれこれ 過払い請求、自己破産を弁護士に相談

過払い請求の費用

負債者が自身で過払いの請求をして払いすぎたお金を取り戻すことは可能ではあるものの、難しいことも多いために弁護士に依頼するケースもあります。
そうなった場合、過払い請求の手続きでかかる費用とは別に、弁護士に支払う費用もかかってきます。時には数十万円ほど弁護士費用がかかる場合もありますが、それ以上に多くお金が戻ってくるのならば、弁護士に依頼すると手続きがスムーズに運びます。

どれぐらいの過払い金が戻ってくるかによっても弁護士への報酬は変わってきます。
戻ってきた金額が多いほど報酬金も多くなるという、取戻し金額に対するパーセントで支払う料金体系も多くあります。

過払い請求ですっきり

問題が解決できないままの状態でいると、時々気になったりする事もあります。過払い請求については、解決できる期限があります。現在返済を行っている人や、過去に借入を行っていた人で、過払い請求ができるかもしれないと感じている人は、ぜひ過払い請求の解決にのりだしましょう。

過払い請求はできるだけ早い方がいいので、思い立った時から、行動に移すのもいいでしょう。過払い請求について解決するためには、強力な助っ人となってくれる法律家の存在を欠かす事ができません。問題を無事に解決する事ができれば、気持ちがすっきりとする事でしょう。これからの自分のためにも、解決に努める事をおすすめします。

同居の家族と過払い請求

自分が過払い請求を行ってしまうと、同居している家族に過払い請求を行っている事はもちろん、借金をしている事まで知られるのではないかと懸念するあまり、過払い請求に踏み出せないでいる人もいる様です。

しかし、法律家は過払い請求の際に、できるだけ本人に直接連絡を行うなどして、安易に家族がその事を知り得る事がない様に配慮してくれる事もあります。過払い請求を行う時には、家族への対応についても相談しておくといいでしょう。

手続きを正式にお願いすると、その後も何度かやり取りを行う必要がありますので、その際にはメールなどの連絡手段をできるだけ利用すると、周囲に知られず完了させる事もできます。

曖昧な記憶と過払い請求

どうしても、借入から時間が経つと過去の事について鮮明に覚えていない事もあります。更に借入に関する書類を紛失している場合には、大まかな事しか記憶にない事もあります。そんな人でも、過払い請求を行うという事は無理ではありません。

法律家にその事を伝えると、過払い請求に向けて、まずは取引が分かる書類を取り寄せる事ができます。そうすれば、その書類を元にして、過払い請求を行う事ができます。記憶はなくても、書類があれば、法的に重要な役目を果たしますので、最終的には過払い請求を行う事が可能となります。過払い請求をしたいけれど、書類がなく記憶も曖昧だという人も諦めないで、トライしましょう。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

過払い関連

過払い、債務整理、自己破産の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理の相談以外のお問い合わせはこちら