知っとく情報債務整理のあれこれ

司法書士と弁護士の自己破産依頼の違いについて

借金返済のめどが立たず自己破産を検討する場合、その相談の依頼先としては司法書士や弁護士といった専門家があります。これらの士業の違いとしては、弁護士は法律の専門家で法律行為の様々な権限を有していて、必要な書類作成から法律的手続きなどのすべてを任せることができます。それに対して司法書士は原則として法律行為を代理することができず、書類作成が中心となります。

また地方裁判所への申し立てなども自分で行う必要が出てきます。しかし報酬額が低いことや、債務総額140万円以下なら交渉代理権が認められているので依頼するメリットもあります。

自己破産関連

過払い、債務整理、自己破産の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理の相談以外のお問い合わせはこちら