知っとく情報債務整理のあれこれ 過払い請求、自己破産を弁護士に相談

過払いを扱う弁護士と司法書士

弁護士でも司法書士でも、どちらに依頼する事もできる過払い請求ですがどちらに依頼するといいのでしょうか。

まず、過払い請求をどちらに依頼するのかを決定する上で知っておかないといけない事があります。

借金に関する問題の処理については、弁護士はすべての問題を自在に扱う事ができるのに対して、司法書士は金額が決められています。140万円を超えた案件は扱う事ができません。

まず、この時点でこの140万円という金額を超えているという場合には物理的に弁護士を選択する必要があります。

その金額内に収まっている場合にはどちらに依頼する事もできます。金額が少ない場合などは、司法書士の方が相談しやすい、と感じている人もいる様です。

自分でいいと思う方を選択するといいでしょう。

長期化する事もある過払い請求

早速、過払い請求の手続きに着手したとしても、最終的に過払い金を回収できるまでに長い時間がかかる事もあります。過払い請求を行って、どの程度でお金が戻って来るという事は一概にこうだと言う事はできません。

過払い請求は時として、長期化してしまう事もあります。また、過払い請求では戻って来る費用も全額ではない事もあり、あらゆる可能性が結果として考えられます。そのため、過払い請求を行えば、絶対に希望に沿った形で解決できると断言する事はできません。その事を頭に入れた上で、手続きを行う様にしましょう。期待してしまう事もありますが、過度の期待はかえって良くないという事も考えられるでしょう。

自分の希望を伝えたい過払い請求

たとえ過払い請求を行う場合であったとしても、全額回収できる様に最大限の力で取り組みたいという人もいれば、金額によっては過払い請求を行う事を断念する事も検討しているという人もいる様です。

過払い請求で戻る可能性がある金額については、弁護士が算出してくれますので、その金額を知ってから、過払い請求をどの様に行っていきたいかという事について考えてみましょう。

一緒に過払い請求の対応を行ってくれる弁護士に、自分の希望をしっかりと伝えるといいでしょう。そこまで積極的ではないという場合でも、法律家を気軽に利用する事ができます。相談する事によって、モヤモヤした状態から抜け出せる事もあります。

現状を知りたい過払い請求

テレビなどを見ていると、過払い請求という言葉を見かける事も良くあります。これから新しく借入を行おうと考えている人の場合には、過払い請求はあまり関係ない場合もあります。

というのも、今では法律の改正によって、グレーゾーン金利と呼ばれる曖昧な状態となる事がなくなりました。そのため、過払い請求を行わなくても、余分な費用が返済に含まれていない状態となります。

過払い請求ができる人は、法律の改正前に借入を行った人が対象となっている事がほとんどの様です。過払い請求について気になっている人という人は、自分がいつ借入を行ったのかという事を確認してみてはどうでしょうか。書類を見ると記載があります。

大阪地方裁判所・大阪家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka/

〒530-8522
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

大阪高等裁判所

http://www.courts.go.jp/osaka-h/

〒530-8521
大阪府大阪市北区西天満2-1-10

TEL:06-6363-1281

京阪電鉄なにわ橋駅から徒歩約5分
京阪電鉄大江橋駅から徒歩約7分
大阪市営地下鉄堺筋線・京阪電鉄北浜駅などから徒歩約10分
大阪市営地下鉄御堂筋線・京阪電鉄淀屋橋駅などから徒歩約10分
JR北新地駅から徒歩約15分

過払い関連

過払い、債務整理、自己破産の相談に関する記事内容への責任は負いかねます。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理の相談についてはお近くの弁護士事務所、法律事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所、法律事務所があります。

債務整理、過払い請求、自己破産、任意整理の相談以外のお問い合わせはこちら